ホーム>モンスター図鑑> エスピナス
トップページへ
属性 効果
×
×<△<○<◎
(部位によって変化あり)

【飛竜種】 エスピナス

エスピナス
通常時比較的柔らかい部位
切断 打撃
腹、尻尾の先 頭、腹、足

怒り時比較的柔らかい部位
切断 打撃

腹、頭、首(背中、翼、尻尾)

頭、腹(背中、首、翼)

頭、腹、足

樹海の行動エリア
移動エリア 初期位置 休息場所
4、6、7 7 7

樹海に生息する棘竜(いばらりゅう)エスピナス。
2008年1月30日のMHFシーズン2.0から登場する新モンスター
HR31とHR100のクエストで狩ることができるようになる。
エスピナスの攻撃に触れると、ランダムで毒状態になるので、解毒用品は必須。
通常時はおっとりしたエスピナス、怒り時には攻撃的に急変するエスピナスということで、まさに二重人格者のような飛竜モンスター

通常時は、どの部位も非常に肉質が硬く弾かれまくるが、怒り状態になると脚以外の肉質が柔らかくなるので、はじかれずに攻撃できる。

アイテム効果
落とし穴 音爆弾 シビレ罠 閃光玉
- -

状態異常効果
麻痺 睡眠
×

捕獲の目安

脚をひきずった後、もしくはすぐ怒るようになった時

剥ぎ取り
HR31〜
 
本体(3回) 棘竜の上鱗、棘竜の堅殻、猛毒袋、棘竜の上棘、棘竜の頭殻、竜の牙
尻尾(1回) 棘竜の尻尾|棘竜の上鱗
落し物 竜のナミダ、棘竜の上鱗、棘竜の紅玉(条件:睡眠属性の攻撃で眠らせて起こした時に落とす)
捕獲報酬 棘竜の上鱗、棘竜の堅殻、棘竜の上棘、棘竜の頭殻
部位破壊  
一定以上のダメージを与えると頭の角が折れる
棘竜の堅殻、棘竜の上鱗、棘竜の尖角
 
棘竜の上鱗、竜の爪、棘竜の上棘
背中 一定以上のダメージを与えると背中の棘が折れて短くなる
棘竜の堅殻、棘竜の上鱗、棘竜の上棘
一定以上のダメージを与えると黒い亀裂が入る
棘竜の上鱗、猛毒袋、棘竜の紅玉
尻尾 怒り中に尻尾に一定以上のダメージを与えることで尻尾が切れる(切断系の武器のみ可能)

剥ぎ取り変種
HR100〜
 
本体

飛竜種の棘U|飛竜種の殻U|飛竜種の珠U|飛竜種の髄U|飛竜種の殻T|飛竜種の珠T|飛竜種の髄T|モンスターの油U|飛竜種の棘V

落し物

モンスターの油U|飛竜種の殻U|飛竜種の珠U|飛竜種の殻T|飛竜種の珠T(条件:睡眠属性の攻撃で眠らせて起こした時に落とす)

捕獲報酬

飛竜種の棘U|飛竜種の殻U|飛竜種の珠U|飛竜種の髄U|飛竜種の殻T|飛竜種の珠T|飛竜種の髄T|飛竜種の棘V|捕獲保証書

部位破壊  
部位破壊保証書|飛竜種の棘U|飛竜種の棘V
部位破壊保証書|飛竜種の殻U|飛竜種の殻T
背中 部位破壊保証書|飛竜種の髄U|飛竜種の髄T
部位破壊保証書|飛竜種の珠U|飛竜種の珠T

攻撃方法まとめ(通常時)  
基本的な行動

通常時は、非常にゆっくりとした歩く程度の動きだが、エスピナスのちょっとした体の動きに触れるだけで、ダメージを受けてしまうの点には注意

噛み付き

前方にいるハンターに噛み付く、エスピナスに向かって右側にいれば当たらない

尻尾振り

軽く尻尾を振るだけだが微妙にダメージを受ける。予備動作がほとんどないので、尻尾を斬る時にも油断は禁物。
触り続けると気絶してしまうこともある。

はばたく

翼を動かす行動で、翼付近にいると風圧【小】の効果を受ける


攻撃方法まとめ(怒り時)  
基本的な行動

ある程度ダメージを与え続けていると、咆哮とともに怒り状態へ移行し、全身に赤い模様が浮かび上がる。
攻撃力も上昇し、攻撃パターンもころっと変えて、積極的に攻撃してくる。

突進

基本的には突進開始時にターゲットにしたハンターの方へ突進、すぐさまUターンして戻ってくるが追尾性能は低め。
頭辺りに触れると毒状態になる。
突進には、何度も連続してUターンしてくるパターンと、ティガのように3角形に突進&ターンを繰り返すパターンがある。

尻尾振り

軽く左へ尻尾を振りかぶった後、エスピナスの顔面左前方までを尻尾でなぎ払う

翼攻撃

翼をフリフリしながら前方へ歩いてくる攻撃で、尻尾も同時にフリフリするので若干後方から攻撃していると、翼か尻尾に飛ばされてしまう。

咆哮

怒り状態へ移行する時に叫ぶ。
攻撃判定はないが、風圧【大】の効果を同時に伴うので、耳栓スキルを付けていても、近くにいる場合は風圧の影響を受ける。

毒&麻痺ブレス 前方へ真っ直ぐ一発の毒&麻痺属性のブレスを吐く
毒&麻痺属性3連ブレス

山なりに3発の毒&麻痺属性ブレスを吐くが、着弾後に爆発する。怒り時は3発目を吐く時に、バックジャンプしながら吐く時がある。

Copyright(C) 2007 モンスターハンターフロンティア広場 All Rights Reserved.