ホーム>モンスター図鑑> ヴォルガノス亜種
トップページへ
属性 効果
×
×<△<○<◎
(部位によって変化あり)

【魚竜種】 ヴォルガノス亜種


火山の行動エリア
移動エリア 初期位置 休息場所
9、10 9 なし

比較的柔らかい部位
切断 打撃
腹・尻尾 背中・翼・脚(頭) 頭・背中・腹

モンスターハンターフロンティアから登場する新モンスター。
火山の新エリア9と10を行き来する。
通常種のヴォルガノスとは、攻撃方法に変化が見られるので初対決時は要注意。
脚の肉質が硬いので、切断系武器は斬れ味青以上、打撃系は緑以上あると弾かれないで攻撃できる。
火の玉ブレスはガードできないので、回避すること。

アイテム効果
落とし穴 音爆弾 シビレ罠 閃光玉
- - -

状態異常効果
麻痺 睡眠

捕獲の目安

背中の溶岩が流れなくり光沢が無くなった時、もしくは脚をひきずった時

剥ぎ取り下位
(HR31)
 
本体(4回) 溶岩竜の上鱗|紅溶岩竜の甲殻 |紅溶岩竜の牙 | 紅溶岩竜のヒレ
落し物 竜のナミダ|紅溶岩竜の甲殻(条件:ハンマーでスタンさせると落とす)
部位破壊  
ヴォルガノスの顔ヒレ

顔の両側の小さなヒレが欠けて短くなる
  紅溶岩竜の牙|紅溶岩竜の甲殻
背ビレ ヴォルガノスの背ビレ

背ビレの中心が欠けて鱗が露出する
  紅溶岩竜のヒレ|紅溶岩竜の甲殻
剥ぎ取り上位
(HR51)
 
本体(4回)

溶岩竜の上鱗|紅溶岩竜の堅殻 |紅溶岩竜の甲殻|紅溶岩竜の鋭牙|紅溶岩竜の上ビレ

落し物 竜のナミダ|紅溶岩竜の堅殻(条件:ハンマーでスタンさせると落とす)
部位破壊  
紅溶岩竜の鋭牙|紅溶岩竜の牙|紅溶岩竜の堅殻
背ビレ 紅溶岩竜の上ビレ | 紅溶岩竜のヒレ|紅溶岩竜の堅殻

主な攻撃方法  
突進

狙いをつけたハンターに向かって、直進・右カーブ・左カーブの方向へ突進してくる。突進後すぐに尻尾振りに移行することがあるので、突進を喰らった後に、ガードできる武器の場合は、焦って武器をしまわずに、ガードした方が良い場面もある。
広い場所での突進なら、ヴォルガノスの横方向に周りこめば、真横には突進できないので、楽にかわせるが、狭い場所だとスライドして当たることがあるので注意が必要。

尻尾振り

突進後に出す尻尾振りは、攻撃範囲が広く。ヴォルガノスの右後方から、左前方までをなぎ払う。(ディアの尻尾振りの範囲が広くなった感じ)

ジャンピング
ボディプレス

軽くいなないて、体を沈ませる予備動作の後、空高くジャンプして地上に落下し、体をばたつかせ、地面を振動させる。
ガードできる武器でも、ヴォルガノスの真下〜右側にいるとガードできないので注意。

噛みつき

大きく首を振り上げて、前方へ噛みつく。首の下あたりまで当たり判定があるので、前方にいる時はガードするしかない。

サイドアタック

トトスのサイドアタックに似ているが、攻撃範囲は若干せまくなっている感じ。

火の玉ブレス

前方に火の玉を吐き出すが、首を曲げて吐いてくるので追尾性があり、着弾後破裂する、その破片にも当たり判定がある。
亜種は通常種と異なり、3連続ブレスを混ぜてくることがある。

溶岩内から
火の玉ブレス

前方に火の玉を吐き出す。的確に狙いを定めてくる上に高速で飛んでくるので溶岩内にヴォルガノスがいる時は、常に注意が必要。着弾後破裂するその破片にも当たり判定がある。

溶岩内から
溶岩玉

近〜中間距離へ溶岩の玉を飛ばしてくる。これは、射程距離が決まっているので、遠くにいれば当たることはない。

溶岩内から
すぐ突進

通常種は、キョロキョロした後に溶岩内から飛び出してくるだけだが、亜種は突然溶岩内から突進してくることがある。
突進の速度も速く意表をついてくるので、通常種よりも気の抜けない亜種になっている。


攻略のポイント  
安全地帯

ヴォルガノスの左脚の外側は、右側に比べてジャンピングボディプレスが当たりにくい、逆に右側だとガードしていても当たってしまうことが多い。
ただ左側は尻尾を振ってくるので、ガードの出来ない武器は、この点に注意が必要

弾かれない
打撃属性

ヴォルガノスの脚は切断系の武器だと青ゲージ以上ないと、攻撃が弾かれてしまうが、打撃属性の武器だと弾かれずに攻撃できる。

双剣4人でヴォルガノス(アンフィスバエナ・罠満載)

弓目線でヴォルガノス その1

弓目線でヴォルガノス その2

Copyright(C) 2007 モンスターハンターフロンティア広場 All Rights Reserved.